いろいろなルートで目指す看護師への道を知っておくと役立つ看護師になる方法

サイトマップ

トップバナー

看護師のための学校

看護師のための学校の種類

看護師のための学校をご紹介致します。看護師になるためには、どういった学校に通って、どういった資格を取得しなければならないのでしょうか。ここでわかりやすくご説明致します。まず、看護師のための学校にはどういった種類があるのでしょうか。1番短い道のりだといわれているのが、高校で介護科に入学し、准看護師免許の試験を受けます。そして、准看護師免許を得たのちに、高校が専攻している科目や、2年制の介護専門学校、または、短期大学に通いながら、介護士免許を得る方法があります。

実習に対するつらさを感じ退学する人も少なくはない

ですが、これには短所と長所が出てきてしまいます。この方法で1番の長所と言えば、高校の頃から看護の勉強をし、高校から5年間のスピードで看護師免許を得る事が出来るという事です。次に高校から看護を学ぶ事で一般教育の学習を省く事が出来ます。そして、高校でも、その後2年間の看護科生活でも、看護の勉強をする事が出来ます。

また、定期テストでも20教科前後と、かなりの量を学ばなければなりません。高校生という時期に病院という現場で実際の仕事を見学、実施する実習もあるので、実習に対するつらさを感じて、退学する人も少なくはないのです。ですが、これは高校生活だけでなく、看護学生全員にあたる事だと思います。実習に耐え切れずに退学の道を選ぶ人が多くいる事は、残念ですが事実です。

別のルートで看護師になる

はずむ

ですが、別ルートがあります。それは、通常通り高校を卒業し、4年大学の看護科に入学するというルートがあります。3年生の短期大学もありますが、看護協会で看護を学ぶ期間は4年大学でという指定がされています。通常の高校で、きちんと一般教科の勉強をし、看護の勉強に入る事が出来るので、理数系の知識もあり、4年間ゆとりをもって学習する事が可能なので、こちらのルートもオススメします。

様々な生徒が通っている ポイント

このほかには、社会人入学です。看護学校には、とても様々な生徒が通 っています。勿論、現役学生の人が多いのですが、中には社会人として経験した後に看護師を 目指して入学する人もいます。「この年で学校に行くのはちょっと」と思い馴染めるかの心 配をする人もいますが、とても幅広い年代で同じ道を進むための勉強の場なので、特に心 配はしなくてもよいでしょう。早く看護師になりたいのであれば、高校から入学した方が 良いですが、看護協会が定めた4年大学での学習の方が効率的なのではないでしょうか。 看護師を目指す方は経済的な問題も考えながら、自分に合った道を選びましょう。準看護師、正看護師の違いでも 費用にとても大きな差がでてきます。奨学金制度なども参考にされてみてください。

看護師の基礎的知識