企業看護師の長所と短所に関して知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

企業看護師

夜勤がなく収入が安定している

現在、多くの方に注目を浴びているのが、企業看護師という業務です。企業看護師とは、病院やクリニックではなく、一般企業の医務室や保健室に勤務している看護師のことで、夜勤がない事、収入が安定しているという点でとても人気が高い職業となっています。また、求人の倍率も高いといわれている企業看護師ですが、転職の際のメリットや、デメリットはあるのでしょうか。

日勤だけ暦通りの休日

企業看護師に転職する最大のメリットとしてあげられるのは、日勤だけ、暦通りの休日という点ではないでしょうか。企業看護師の就業先は、一般の企業内部となるので、就業時間も企業の規定によって指定されます。なので、大体の勤務時間は、9時間から17時間と指定され、多少の残業はあったとしても、夜勤や深夜勤になることはほぼゼロといえます。

更に、休日に対しても、企業看護師の場合は、土日祝日がお休みとなっていて、 夏季休暇や冬期休暇を得る事が出来る可能性がとても 高いのです。そして、もう1つの企業看護師のメリットとして、一般事務 職員のような環境で働くことが出来るという点ではないでしょうか。企業 看護師は、オフィス街にあるビル内部での勤務が多いので、お昼休みにお 洒落なカフェでご飯を食べたり、オフィスの近くでお買い物をする事もできます。 このような利点は普通の看護師からすると考えられないもので、とても魅力的 な部分になります。メリットが多い企業看護師は看護師の憧れでもあるのです。

デメリット

微笑む看護師

企業看護師のデメリットとしてあげられるのは、夜勤がなく収入が減るという点ではないでしょうか。病棟勤務をしている看護師であれば、基本の給料が低く設定されていても、夜勤で勤務する事によって給料を得る事が出来ますが企業看護師は、このようなメリットを得る事が難しくなります。なので、収入の増減はないと思いますが、月収、年収共に、病院勤務より少ないと考えていた方がよいでしょう。

コミュニケーションスキルが必要 ポイント

また、企業看護師には、看護業務以外のスキルが必要になる事があります。病院やクリニックに勤務している看護師であれば、ほとんどが看護中心の業務を行うのですが、企業看護師はワード、エクセル等のスキルや企業内医務室での社員とのコミュニケーションスキルが必要になります。これまで看護業務しか行っていなかったという人は、企業内で必要となるスキルや、人間関係に戸惑う人もいると思いますが、新しい環境に挑戦し、安定した職場で働きたいと願う人に適した職場だという事になります。

看護師の基礎的知識