女性にとっては良い年収である企業看護師

サイトマップ

トップバナー

企業看護師の年収

基本的には400万円から600万円程度

企業看護師の年収は、その企業によって大きく変わりますが、基本的には400万円から600万円程 度だといわれています。病院に勤めている看護師の年収と比較すると、向上しているという訳で は無さそうですね。ですが、病院に勤務している看護師と比較すると、多 少良い点もあり、場合によっては病院に勤務している看護師の方がよいという事もあるようですが。 良い点の例としては、シフトが病院勤務のように不規則になりませんので、普通のサラリーマンと 同じ勤務時間で働けるという点です。

女性の年収としてはとてもよい条件

それには、勤務先だけでなく、地域、経験年数によっても、大きく差が出てしまうので、平均的な年収となる400万円から、600万円の枠に必ず入るという訳ではなさそうです。例えば、企業看護師だとしても、雇用形態がパートだった場合には、年収でも160万円程度が限界だと思いますし、地域によっては、400万円以下に設定されていたり、600万円以上のところもあるのです。

企業看護師のこういった年収は、女性の年収としては、とてもよい条件かもしれません。ですが、病院に勤務している看護師の ように、年収が労働に見合わないといった意見もほぼないという点では、とても良い職業だといえます。また、最近企業看護師 の中でも、クリニカルコーディネーターと呼ばれる職種が、とても人気を集めています。栄養マンと同行し、医療機器の販売などを担当します。 看護師の仕事内容だけでなく、使用する機器の詳しい内容もしっかりと理解している看護師がこの職に就くことができます。 営業される側もプロの看護師がオススメする機器なので、説得力がある、というわけです。

企業看護師への転職

はきはき受け答える

企業看護師になると、患者や医療関係者とのかかわりがなくなってしまうので、寂しさを感じる人も多くいます。ですが、クリニカルコーディネーターという職種を選択すれば、病院に足を運ぶ機会が増え、企業看護師として事務的な業務を行う事が出来るので、満足のいく業務をこなせるのではないでしょうか。また、企業看護師への就職を考えている人は、現在とても増えています。

知識と経験を付ける事 ポイント

こういった傾向がある中で、企業看護師へ転職する際には、やはり専門家の力を借りる事が大切になると思います。なので、これまでと同様の転職の感覚でいると失敗してしまうと思います。しっかりとした対策をし、企業看護師に転職するための知識と経験を付ける事によって、成功するかしないかが決まります。企業看護師への転職に必要なマニュアルなどは、転職支援サービスが用意してくれます。

看護師の基礎的知識