准看護師への今後の動きとそれに対応できるよう現状を知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

准看護師とは

准看護師は都道府県知事免許

准看護師とは、本来戦後の看護師が不足した時代に誕生した資格となっています。看護師が足りなかったために、政府が暫定措置として定めた資格です。看護師が高校や大学、専門学校等で看護に関する事を学び、3年から5年の看護師育成教育を受けるのに対して、准看護師は高校の衛生看護や2年から3年制の准看護学校等で養成教育を学びます。看護師は国家資格ですが、准看護師は、都道府県知事免許となっています。

看護師が足りないという現状を改善

そして、各都道府県で試験を受け、各都道府県知事から免許を交付されます。准看護師を各地方自治体で看護師よりも短い教育機関で養成出来るようにしたことによって、看護師が足りないという現状を改善していったのです。また、現在は看護師と准看護師が行う業務内容はそれほど変わりがないといわれています。ですが、資格が違うので、学歴等の問題から給料面で優遇される事は少ないようです。

また、近年は医療技術が進歩したので、看護師に必要な知識は高度なものとな っています。なので看護師に求められる専門性が高くなり、准看護師制度を廃止して、 看護師のみに統一し、これからの日本の看護技術の発展に力を入れるべきではないかと いう意見がとても多くなっています。ですが、現在准看護師として勤務している人はどうすればよいので しょうか。このような問題は国の方針にかかわりますが、残念な部分でもあります。

准看護師の廃止

注射の準備

准看護師が廃止になった際に取る処置については、准看護師から看護師になるという選択肢があります。中学を卒業した後で、准看護師学校を卒業し准看護師となった人は、3年間の実務経験を終えると看護学校への受験資格を得る事が可能です。そののちに、看護師育成教育を受け、看護師国家試験に合格し、看護師になる事が可能です。高校卒業した後に准看護師学校を卒業し准看護師になった人は、引き続き看護学校に入学し、看護師国家試験を受ける事で看護師になる事が出来ます。

看護師になる事を視野に ポイント

また、ここでご紹介した事は、勤務しながら看護師になるには、とて も困難な方法だといえます。ですが、准看護師として10年以上の勤務がある方は、通信教育で 看護師になる事が可能です。これは、2004年度に制度が改善されたことによって設けられた物 です。この制度の改善からも、准看護師から看護師に統一するための動きを確認する事が出 来ます。様々な場面活躍する准看護師ですが、今後に備えて、看護師になる事を視野に入れて おいた方が身のためかもしれませんね。実際は同じ業務を行っているのに、大きな差になっているのは准看護師の 誰もが感じているところです。

看護師の基礎的知識