専門機関で認定される認定看護師について学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

認定看護師とは

日本看護協会に認定された看護師

認定看護師についてご説明致します。まず、認定看護師とは、日本看護協会に認定された看護師の事を言います。特定の看護の分野で、熟練した看護技術と知識がある事を認められた看護師のことを指します。また、認定看護師認定調査は、毎年1回、日本看護協会によって実施される物です。その調査に合格する事によって、登録を申請した人が認定看護師として認定される事によって、認定証を交付してもらえます。

免許があるかないかが重要

ですが、認定証の有効期限は交付された日から、5年となっています。認定看護師として認定される医療分野は、救急看護、オストミー、失禁、重症集中ケア、ホスピケア、がん化学治療看護、がん性性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊看護  新生児集中ケア、透析看護、手術看護 、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、 小児救急看護、認知症高齢者看護という項目をクリアしなければなりません。

様々な項目がある認定看護師ですが、認定看護師になるためにはどういった事をすれ ばよいのでしょうか。まず、免許があるかないかが重要になります。そして、実際に看護師として務めた経験が、5年以上必要にな ります。また、3年以上であれば、特定看護分野の実務経験が必要です。そし て、認定看護師教育の課程を修了している事が条件としてあげられます。 このようにテストだけではなく、様々な条件を満たしていないと認定看護師とはなれず、 かなりハードルの高い看護師の種類になります。

認定看護師の調査

ナーススタッフ

調査は、登記試験で行われます。登記試験の時間は、大体120分となっています。まず、客観式問題が出されます。この問題数は、四肢択で20問から30問となっています。そして、記述式事例問題が1問出されます。また、もう1つの分野として、客観式問題の四肢択20問から30問のみの選択をする事も可能です。どちらにしてもこの2つの方式の内容が変わる事はありません。

認定取得をした後5年後に更新 ポイント

また、認定取得をした後に、5年後に更新しなければならないという事もあるので、かなり厳しい道のりだという事がいえます。このような更新制度を義務付ける事によって、看護師の質を向上する事を狙っているのです。また、更新については、看護師実務時間が、2000時間以上に達し、研鑽の実績が、指定されている内容で50点とらなければならない事が、特定の条件としてあげられます。

看護師の基礎的知識