勤務先で異なる給料について理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

病院で働く看護師の給料

勤務している病院によって異なる

病院で働く看護師の給料について、ご紹介致します。まず、看護師の給料は、勤務している病院によって異なるという事を頭に入れておいてください。一言で病院と言っても、国立病院、公立病院、民間病院等、とても豊富な病院の種類があるのです。それぞれの病院によって指定されるシフトも異なり、転職して驚く看護師さんも多くいます。なので、勤務形態を確認する事が必要不可欠になります。

民間病院は病院の規模によってかなりの差が出る

そして、給料についてですが、平均してみると、都道府県や市町村が経営している公立病院は、もっとも給料が高いといわれているようです。そして、その次に給料が高いのは、国立病院だといわれています。また、国立病院は地域公務員として採用される事が多くあり、国立では独立行政法人国立病院機構職員給与規定によって、勤務年数で給料が上がるというシステムなので、安心して職場を決めやすいという点があります。

また、民間病院では、その病院の規模によって、かなりの差が出てきてしまいます。こういった事があるせいなのでしょうか。残念ですが、給料の平均値が低く設定されています。もし、勤務する際には、1番給料にばらつきがある事を覚えておかなければなりません。実際の数値では、国立の平均年数は550万円、公立は590万円だといわれています。民間の平均が出ていない事が気になったかもしれませんが、ここでご紹介した年収より比較的に低いと考えて頂いて問題ないかと思います。

公立病院が1番給料が高い

注射器

「看護師が良い職場とは」という議題で考えたのであれば、「公立病院が1番良い」という結果になるのではないでしょうか。基本的に、民間でも、人気が高く患者数が多い病院であれば、給料が高く設定されている事もありますが、特別に待遇が良い病院は退職者が少なく、求人自体が出ていない事が多くあるのです。また、人間関係も含めて、その病院に就職してみないと明確でない事が多いのです。

給料の平均にも誤差がない ポイント

看護師が勤務場所を選ぶ際には、当たりはずれがあるという事を理解しておかなけれ ばなりません。どの職場でも、同様のことだと思いますが。基本的に、安定していて、高い給料を期待して看護 師になるのであれば、公立病院が適しているという答えで間違いないと思います。基本的に、給料の平均に も誤差がない職場なので、安心して働く事が出来る職場である可能性がとても高い病院となっています。 言葉があいまいになってしまいますが、やはりそれなりのしんどさや思っいた内容と違うということがよくあるのです。 看護師という以上、職に漏れることはありませんが、その分きつい仕事というのは知っておきましょう。

看護師の基礎的知識