訪問看護師の給料アップのコツ知ってスキルを上げましょう

サイトマップ

トップバナー

訪問看護師の給料

一般的な給料のイメージ

訪問看護師を選ぶ条件の1つとして、給料面での心配があると思います。一般的な考えで行くと、給料が低いように思われがちですが、実際どうなのでしょうか。訪問看護師の一般的な給料のイメージをご紹介致します。まず、日勤のみの勤務、非常勤、看護師の経験が給料に反映されない、社会福祉、企業主体で給料が異なるという点があります。

1番のポイントとなるのは情報を集める事

また、訪問看護師の給料を調べると、年収は400万円から500万円の間である事が多いのです。それは、勤務時間、地域によって異なりますが、金額だけを見ると通常の病棟看護師と何ら変わりはないように感じます。また、看護師の経験年数や知識に関して、訪問看護師を経営する人によって差があるようなので、一概には言えません。例えば、総合病院等の規模が大きな事業所であれば、病棟勤務の知識に反映した給料体系があります。

ですが、訪問看護を提供している事業所として多くあるのは、中小法人で、医療とはまた異なった分野である事に、間違いはないでしょう。なので、給料水準そのものが異なっているという考えになります。また、訪問看護師で給料を挙げるためのポイントがあります。1番のポイントとなるのは、情報を集める事にあります。それには、給料面で最低限自分で調べなければならない事もあります。

給料をあげるコツ

医療スタッフ

給料面で調べることは、月の給料、年俸制、歩合制、オンコール手当、待機手当、訪問看護手当、資料手当といった様々な手当によって金額が異なっています。また、経験した年数が考慮されたり、福利厚生、休日といった点も事前に自分で調べ、明確にすることが可能な点は明確にしておかなければなりません。こういった情報は、求人にも乗っていると思います。また、ネットで大体の相場を把握する事も可能です。

とても好条件 ポイント

更に、訪問看護師にはステーションなどがあります。そこでは、24時間体制 がとられていたり、オンコール、自宅待機といった制度もあります。その時間帯に、仕事や電話対応 がなくとも、待機手当として給料がもらえるので、病棟での夜勤勤務まではないですが、とても好条 件となる条件なのではないでしょうか。また、現在ではこういった情報を問い合わせて確認できる機 関として、看護師転職支援サービスの活用をしている人も多くいます。給料をあげるコツは、全て の給料について把握する事です。それができれば、どの部分をいじれば自分の給料が増えていくか、という 部分まで見えてくるからです。自分で給料をある程度調整できるというのは看護婦にすると嬉しい部分ですよね。 自分の働いた分がそのままお金になるのですから、自分の頑張りが認められる形になります。

看護師の基礎的知識