介護施設での看護師の役割と仕事内容を学びましょう

サイトマップ

トップバナー

介護施設の看護師の仕事

これといって大きな違いはない

介護施設、福祉施設での看護師の役割と仕事内容をご紹介致したいと思います。今まで介護施設 や、福祉施設で勤務した経験がない看護師は、とても多いと思います。ですが、勤務する際の役割 と仕事の内容は、通常の病院や、クリニックで働いている看護師と、こ れといって大きな違いがありません。様々な施設や介護のサービスによって求められて いる看護師なのです。通常の病院のように様々な世代の患者の面倒をみることはなく、介護が必要な 高齢の方を相手にするので、体力的な面でしんどいのが介護施設の看護師の仕事です。

介護施設や福祉施設では重要な人材

また、介護施設、福祉施設で求められる看護師の役割は、施設と介護サービスの形態によって少し異なりますが、基本となる部分は、健康管理、生活を前提とした介護です。なので、日常的に行わなければならない仕事内容は、ご老人の入浴を助けたり、食事を手伝ったり、排泄の手伝いをしたりします。また、レクリエーションといった介護士と同様の仕事を行わなければならない事もあります。

ですが、基本的に利用している方の健康管理に関しては、看護師の方が知識が多くあり、医師との連携を行いやすいという点で、介護施設や福祉施設では、重要な人材となっています。とても役割が高い仕事なのです。介護施設という単語を聞いただけでは、あまり身近にある介護施設と福祉施設のイメージが付きにくい方もいるかもしれませんが、基本的にこういった施設は老人ホームのことを表しています。

医師との連携

注射器を担ぐ

介護施設では、介護老人保健施設以外の施設で、医師が常にいるという事はあまりないので、対応や判断を下すのは、看護師を中心としています。最近では、看護した経験が豊富な看護師を求めている介護施設が多くなっているので、判断に迷った際には、迅速に意思と連携し、対応する事が出来る看護師を求めている施設が増えています。また、医師と連携をする方法は施設によって様々なので、一概には言えません。

介護施設と介護サービスが人気 ポイント

勿論、介護しているスタッフが対応に迷った際にも、相談に対応する等、いざというときのための看護師としての責任も大きくなるので、ある程度経験を積んだ上で、施設への就職をした方がよいのではないでしょうか。また、経験を積んだ看護師の人が採用される際には、優遇される事も多いのです。看護師の病院以外の職業として、現在介護施設と、介護サービスが人気を高めています。老人ホーム以外にも、デイケアサービスや、デイケアなど看護師の募集をかけている施設は増加傾向にあります。

看護師の基礎的知識