これから看護師を目指す方、看護師になったばかりの人も職域と魅力の基礎的知識を知ってみよう

サイトマップ

トップバナー

看護師の仕事内容

看護師の仕事内容をどのくらいご存知でしょうか。ここでは看護師の仕事についてご紹介します。看護師になろうと思っている方、看護師という職業に興味がある方は、現在とても増えて 続けています。また、病院で看護師 さんに優しくしてもらって、看護師になろうと思っている人も多くいます。

看護師の実際の仕事で、まず1番に頭に思い浮かべる事ができるのは、点 滴や注射、入院患者の世話ですよね。こういった仕事を行うには、医師や理学療 法士、管理栄養士などとのチームワークが大切になります。また、看護師だけで判断する事もありま すが、それぞれの部門から指示を待たなければならない事もあります。

患者の案内
どこまで自己判断できるか

入院している患者や、外来患者に、何故この薬を処方するのか、どうしてこの薬を投与するのか の理由を知った上で薬の作用、副作用を理解していなければ医療ミスに繋がります。 看護婦はどこまで自己判断で行う事ができるかを理解しなければなりません。また、看護師は患者がどこまで 自分で行う事ができるかの範囲も把握しておかなければなりません。

検診
精神面のケアも

その理由として、患者ができる事は自分で行ってもらわなければなりません。それによって、患者も自立心を高め る事が可能になります。また、看護師は仕事は技術だけでなく新しい知識を身に着け る事も大切で、患者の精神面のケアも行わなければなりません。目に見える部分だけ看護する のは、患者の内面を把握していないのと同じです。家族の不安を取り除くのも看護師の仕事なのです。

その21日の仕事内容

案内する看護師

看護師の1日の仕事内容や職域をご紹介致します。まず、看護師は朝の申し送り から始まります。夜勤の看護師から、それぞれの患者の状況を聞いて患者の状態を把握します。看護師は情報を得た後 、患者のベッド周りや、ベッドの上の整理を行い清潔にする環境整備を行います。また、看護 師はバイタルサインのチェックも朝の検温の際に行います。

看護師は検査を控えている患者を、検査室へ誘導したり、リハビリがあるならリハビリ室へ誘導しなければいけません。 看護師は平均で、1人で5人から8人程度の患者を1日に受け持つ事になりますが、これだけのこと だと思うかもしれませんが、気づかぬうちに、時間が経ってしまうほど忙しい日常を過ごしています。また、 緊急に採血、点滴、手術の準備、手術後のお迎え、手術後のケアもあり、これらが入れば、看護師の時間は 大幅に消費してしまいます。

自分で行動の計画を練る必要がある

看護師には患者の食事を食べさせてあげたり、お薬のお手伝いをしたり、やらなければならない仕事が本当にたくさんあります。看護師が1日にこなさなければならない仕事内容は、目まぐるしい程の量で全ての仕事を行うためには、自分で行動の計画を練る必要があります。また、他の作業をしていたとしても、ナースコールがなれば、それに対応しなければならないので、基本的に看護師の仕事は自分が思った通りに進みません。

ポイント また、1日で終わらせなければならない全ての仕事が終了した後、看護師は記録 にその日に受け持った患者の記録をすべて記入していく作業もあります。これは次に受け持つ看護師へ患者の状態を伝える為の手段です。また、看護師がつける記録は誰が見てもわかりやすく、詳細に記入しなければなりませんん。そして、記 録が終われば、その看護師のその日の業務は終了となります。病院によっては、その資料を 具体的に言葉でも伝える「申し渡し」という作業を定刻に行い、更にしっかりと 引き継ぎをするところも多いようです。この申し渡しは就業時間後に行われることが多く、残業しているのと 同じ状態になっているのも現状です。そうなると実質12時間以上の労働時間になり、定時で家に帰れる ことはほぼない状態になり、時間によっては電車がなくなってしまって看護師の休憩室に泊まり込むことすらあるのです。


https://www.realmediajapan.com/
https://houritu-mondai.net/


その3看護師の勤務形態

病院室内

看護師の勤務形態についてご紹介します。看護師が不規則な仕事であることは、誰もが 知っていますよね。また、受診時間が決まっている病院や病院外来でも実は同様で、 入院制度があったり、施設などでは、看 護師の勤務時間がかなり不規則になってしまっているのが現状です。

また、勤務形態として、日勤、夜勤という2交替制で行われています。更に、日勤、準勤、深夜勤という3交替の制度を設けてい る病院も最近では増えてきています。現在主流なのは、2交代制度です。 また、3交代制は日勤をして夕方に帰宅して、その後、夜深夜勤になるので、看護師の体に とても負担が大きい勤務形態です。夜勤の後は休みの日となっている ところがほとんどです。ですので、看護師はいつ休みになるのかというのがわかるのでスケジュールを立てやすい点もあります。

勤務形態の主流・2交代制

現在の看護師の勤務形態の主流である、2交代制についてご紹介します。まず、日勤をして、翌日の夕方から16時間の夜勤に入ります。長時間なので看護師には夜勤中に2~3時間の仮眠の時間があります。基本的に、朝10時頃まで仕事をして家に帰って、次の日はお休みという形態です。同様の夜勤でも、2交代制の方が休みを多く取れ、夜勤も仮眠しながら行えるので、楽だと感じる看護師も多くいます。

ポイント また、仕事内容がとてもハードであるのに、3交代制の勤務の制度を行っている病院だと、本当に心身共に疲労が蓄積されてしまうのです。これ から看護師として就職するのであれば、2交代制度の病院に就職する事をオススメします。ですが、3交代制度の病院であっても、急変の患者 が多い病院では、集中治療室のみ2交代制という形態で行っているので、あなたのニーズに適した病院を探すことが大切だという事を看護師 の基礎的知識として知っておきましょう。ニーズに合わない病院だと万が一のときに大変なことになってしまったり、不便が起きたり するからです。特に気にすべきところは、先にもある2交代制と3交代制の部分でしょう。2交代である場合はか なりきついことを覚悟する必要があります。大きな病院で勤務体制が良いと思われていても、実際のと ころはかなりな過酷労働条件だったりするのです。時間通りに終わる、ということはまずないと考えて問題ありません。 ヘタすると、24時間近く仕事をして、家に帰れず、少し休憩してそのままシフトに入るということも当たり前のように あるのが実情です。また残業で電車に乗れず、病院の休憩室でそのまま休んで翌日出勤というのもあるのです。 3交代制というと聞こえはよいですが、実情はそれだと2日に一日は徹夜になり、実質は2交代制のほうが楽というのも あるそうです。私の妹が元看護婦ですが、2交代制だと2日に一日は徹夜に実際なって半年で身体を壊してしまったそうです。 このように見かけの楽さと実情はかなり大きく違い、実際は2交代制の方がきつそうで身体は楽といった実情があります。


https://www.revposting-succml.com/corplist/
http://lozelhomme.com
https://www.posting.company/


その4看護計画

考える看護師

次に看護計画についてご説明します。看護師の仕事内容の中に、看護計画を立てるというものが含まれ ています。それぞれの患者に合わせて、患者の問題点を挙 げ、改善策を練ることを看護計画と言います。また、早く改善する点を短期目標、最終的に改善 する点を長期目標とし、2つの目標を明確にした上で介護計画を立てます。これも看護師の仕 事で大切な業務です。

目標は、患者本人と家族とが一緒に決めるので、患者本人も「頑張ろう」という気持ちになれます。また、看護計画も、看護師や患者の周りの人々が決めてくれた目標が明確になっていれば練りやすいくなります。看護計画の中には、大きなカテゴリーが存在します。例を挙げると、まず観察点です。患者に対し、観察しなければならない点をすべて明確にします。なぜ観察しなけばならないのかという点を明確に、看護師が看護計画として患者に説明する事が大切です。

看護を明確にしていく

次の看護計画のカテゴリーは、看護をする実施面です。これは、患者の問題を改善 するために提供する看護を明確にしていくものです。 ですが、単に看護師が患者に提供するだけでなく、患者に協力しても らわなければならないということもふまえながら看護計画を作ることが大切になるので、この カテゴリーに関して看護師は、迷うことが多くあります。

ポイント また、教育に関する職域のカテゴリーも看護師は考えなければなりません。これは問題を改善するためにしな ければならない事、反対に、絶対に行ってはならない事を、患者、家族に看護師が教育する看護計画になります。 この教育を看護師が行う事によって、患者、家族に協力してもらえるようになり、問題点を明確にする事に繋がります。 また、看護計画も奥が深いので、日々進化していく医療を取り入れられるような計画の立て方を覚えなければなりません。 看護師さんというとケアだけが仕事のようなイメージですが、このように実際の職域は多岐にわたり、 目が回るほどの忙しさなのです。患者からすると暇しているような感じがしますが、実際は患者の相手をする時間すらないくらいなのです。 その忙しさから、「相手をしてくれない」と思ってしまう人もいるようですが、相手をしたくないわけではないのです。よくその人を観察してみると どれだけ忙しいかがわかりますよ。もちろんその看護婦の性格にもよりますが、それは観察して見抜きましょう。抜ける力は抜いて、入れるべきところで しっかり入れる所でいれてる要領の良い看護婦さんもいます。常に全力を尽くすと人の命を預かっているという職業上、精神力も体力も持たないので、 うまくコントロールしながら働いているのです。


http://osaka-mens-datsumo.com/
http://k-datsumo.com
https://datsumou-menz.com


その5看護師に向いている人柄

スマイル

次にどういった人が看護師に向いているのでしょうか。まず、看護師に向いている人柄として1番に挙げられるのは、思いやりの心を大切にできる人です。これは、人のお世話をする事が好きな人です。当たり前で簡単なような気がしますが、人よりも思いやりの心が強くなければ難しいのが看護師の仕事なのです。

また、看護師になるためには、学校に通わなければいけません。学校での生活や、国家試験がとても厳しく設定されているので、自分自身に厳しく、向上心がある人が看護師に向いている人柄となります。また、医療の進化はとても速いです。それについて行こうと努力する力も看護師になる為には必要になります。

コミュニケーション力とチームワーク

次に看護師の仕事をこなす中で基本となる事は、コミュニケーション力と、チームワークが大切になります。コミュニケーション力がないと、他の看護師との意思疎通が上手くいかず医療面でのミスを犯してしまう可能性も高くなります。また、患者との接し方にも関係してきます。

ポイント 心をこめて声をかけたり、喋れない患者さんでも表情から看護師は何かしらの メッセージを受け取る事ができような介護をしなければいけません。そして、先の通りチームワークが非常に大切です。看護師の仕事は、 一人成り立つものではないのです。 様々な医療療従事者とチームを組んで仕事をこなしていくので、チームワークとコミュニケーション力が最低限に必要な能力なのです。チームワーク力がなければ、一人で対応できない緊急時に 対応できませんし、コミュニケーション力がなければ、患者さんともうまく接することができないのです。 患者さんも人それぞれ色んな性格をもっています。しかも病気なのですから、気が弱っているのです。そのような 人たちとのコミュニケーションですので、神経を使うのは当然です。ですので、ワンマンプレーに走ってしまうような 人はこの仕事には向いていないといえます。人とのコミュニケーションの力も絶対的に必要なのです。看護師試験に 通るのもむつかしいですが、実際の現場は更にすごいのです。いつも笑顔でいる看護婦さんの裏には途方も ない努力が必要なのです。好きでなければ続けられない、とよく言いますが、この職業はまさしくその仕事なのです。 辛いこと、大変なことの方が多い日々を過ごす中で、「好き」であることで続けられる仕事といえます。

その6理想の看護師

医療器具

あなたの理想の看護師は、どのような看護師でしょうか。例えば、優しい看護師、頼れる看 護師、笑顔が素敵な看護師、それぞれの理想像がありますよね。こういった事は、看 護師であれば当たり前にできると考えている人が多いのも事実です。ですが、当たり前のことだからこそ、逆に難 しくなるのです。当たり前のことができる人は、看護師としても、人間としても素敵な人です。

看護師は、命と隣り合わせの仕事もあり、日常的に勉強しながら、強い責任感がある人でなければいけません。そういった事を、自覚しているかしていないかという点でも、理想的な看護師であるかどうかの判断基準に関係してきます。基本的に、嫌な印象の看護師はあまりいないです。ですが、ずば抜けてよい看護師というのも、あまり多くはいません。

患者のことを考えながら仕事をこなす ポイント

看護師という仕事に誇りを感じ、患者のことを考えながら仕事をこなす事ができる看護師が、どの患者にも幸せだと思われます。こういった看護師が増えれば、病院への不安も解消され、安心して病気の治療に専念する事ができます。また、不安が解消されると同時に、病気で具合が悪い時に何の心配もなく、看護師に身を任せる事ができます。今もこのように安心して身体を任せられる看護師の方はたくさんいますが、中にはそうでない看護師の 方も残念ながらいます。看護師の役割をしっかり理解して全員がご説明したような看護師になれればよいですよね。

ここまで、看護師の基礎的知識についてご紹介致しました。ここで書いてきた看護師の 基礎的知識を読んで、「こういった看護師になりたい」や、「こんな看護師がいれ ばいいな」というような看護師に対する注目が、どんどんと高まっていくとうれしいです。 看護師という職業は人の命を預かり、責任がとても重たい仕事ではありますが、とてもやりがいがありますよ。